先日、個人的にとても関心の高いネット記事を見ました。相続とAIについて書かれていました。

高齢化が進む日本で今後避けられない課題の一つとして、「相続」の問題があげられます。日本で毎年相続される財産は総額で50兆円とされていて、「大相続時代」の到来とも言われています。

なぜ相続が問題になるかというと、その問題の一つは相続財産の3分の2を占めるのが分割しづらい不動産と自社株と言われていて、円滑な相続の妨げになっています。

この「相続」のテーマでもある円滑化をどのように打開できるか?そこで、株式会社キャピタル・アセット・プランニングが取り組んでいる「遺伝的アルゴリズム」によるAIを活用した記事です。

≪最新記事≫

相続とAI

いわゆる金融技術と情報技術の融合を意味する「Fin Tech」です。

相続における不動産や自社株の成約は、まず挙げられることに金融資産の方に細かい分割ができないことです。不動産であれば、譲渡資産が生み出す将来の収入なども織り込む必要もあり、自社株であれば経営上の観点から譲渡相手を制限されることもあります。

更に、相続後10ヶ月以内に相続税の納税をする必要があり、10ヶ月以内にどのように現金を準備するかも対策をしておく必要があります。

相続は法律、税務、不動産、金融等様々な要素への配慮をして進めていきますが、それらの配慮がかければ将来的に相続人間でトラブルが発生することもあります。

従来は、相続といえば弁護士、税理士、司法書士などが円滑に取り組んできましたが、相続を専門で行っている士業も少なく提案の質は知識やノウハウに左右されてしまいます。更に不動産や自社株の資産割合が増えるほど、法律や税務以外に各不動産や金融の知識、ビジネス感覚も必要となり、このような資産割合が増えるほど提案に時間を要しています。

手続をこなすところから、将来を見据えた提案までが必要となりますが、相続においてそのような付加価値まで提供できる専門家はとても少ないと考えています。

このように大相続時代が到来する中、現状のままでは頼る先のない相続人が増えるのは容易に考えられることであります。

その切り札として、適切な分割を人工知能(AI)により支援をしていくことが今後考えられると思います。

被相続人や相続人が豊かな人生を過ごせるように、これからの相続をいかに円滑にできるようにするか。個人的には相続とAIの組み合わせはとても関心が高い分野なので、今後の動きに注目していきたいと思います。

≪最新記事≫


フミルバ不動産相続

東京都・千葉県(船橋・習志野・市川・鎌ヶ谷 等)を中心に不動産相続に特化したサービスを提供しています。相続対策・相続手続き支援・遺産分割協議案の提案・相続に関する不動産コンサルティング等を行っています。

フミルバ空き家再生

千葉県 (船橋・習志野・市川・鎌ヶ谷・白井・印西・松戸・柏 近辺)を中心に空き家再生サービスを提供しています。空き家の管理から売却、活用、管理支援等を行っています。


フミルバ不動産相続では初回の相談料は無料で承ります。

不動産相続に関する手続きや対策は多岐にわたり、税理士、弁護士、司法書士、行政書士、不動産鑑定士等の士業や不動産、保険、遺品整理など、それぞれバラバラに頼むと、手続も煩雑になってしまい、同じ説明も何度もする必要が出てきますが、フミルバ不動産相続にご相談頂ければ、窓口を1つに絞ることが出来ます。

相続の専門家チームで対応しますので安心してご相談頂けます。

フミルバ不動産相続では東京都・千葉県(船橋、鎌ケ谷、習志野、市川、松戸、柏 等)を中心に活動をしています。その他の地域も気軽にご相談ください。