少子高齢化、人口減少などを背景に今後ますます増加する空き家問題。

空き家問題はなんとなく、地方の問題で都内近郊の千葉県・神奈川県・埼玉県などに住んでいる人は自分たちには関係ないだろう。なんて考えていませんか?

東京空き家ガイドブック

実は日本の首都である東京でも今後、空き家は大きな問題になって来ると言われています。

先日、東京都は今後増加する空き家問題の解決に役立てようと、解決事例と基礎知識をまとめた「東京空き家ガイドブック」を作成しました。

このように空き家問は地方の問題でなくて、東京を始め日本中で問題になってくるのがわかるとお思います。

空き家のリスク

空き家にはどのようなリスクがあるかというと、防犯や景観面のマイナス面に加え、倒壊の危険性なども指摘されています。

瓦や壁が崩れて通行人に怪我をさせてしまったり、死亡させてしまったらとても大変なことになります。また、煙草のポイ捨てなどから火災が発生して隣家へ燃え移ったり、犯罪者の住処になる可能性があったりと様々なリスクを抱えています。

空き家発生の経緯

東京都のガイドブックによると空き家が発生する経緯の42%が相続、施設入院や病院入院が20%となっています。ですので多くの場合は、空き家と相続の問題はセットになってきます。

空き家の相談内容について

東京都のガイドブックによると空き家の相談内容としてはこのような内容が多いです。

・売却や賃貸、利活用の希望はあるが具体的な方法を相談したい
・相続の手続きなどの対処
・空き家の管理や売却などのはなしを他者から提案をされて、対処に困っている
・売却、賃貸などの利活用の活動を実施中だが解決できない、又はかつて検討したが解決まで行かなかった

空き家の相談はこちら

千葉県(船橋・習志野・市川・鎌ヶ谷・白井・印西・松戸・柏 近辺)を中心に空き家再生サービスを提供する「フミルバ空き家再生」

不動産相続の相談はこちら

東京都・千葉県(船橋・習志野・市川・鎌ヶ谷 等)を中心に不動産相続に特化したサービスを提供しています。相続対策・相続手続き支援・遺産分割協議案の提案・相続に関する不動産コンサルティング等を行っています。

空き家は事前に対策を

建物は人が住んでいないと急激に劣化します。もちろんもとに戻すにはリフォーム費用などもかかってきます。売却するにも基本的に劣化が進む前が望ましいです。これから空き家になる可能性がある建物を持ちの方はお早めに対策をするか、専門家に相談をしておくことをおすすめします。

また、空き家問題の先には相続問題が必ずと行っていいほどあります。ですので相談をする際は空き家と相続と不動産に精通している専門家への相談をおすすめします。

空き家対策本「東京空き家ガイドブック」について

東京都の空き家ガイドブックはこちらのサイトからもダウンロード出来ます。
是非一度目を通してみてください。

東京都都市整備局 HP
http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/juutaku_seisaku/akiya_guidebook.html


フミルバ不動産相続

東京都・千葉県(船橋・習志野・市川・鎌ヶ谷 等)を中心に不動産相続に特化したサービスを提供しています。相続対策・相続手続き支援・遺産分割協議案の提案・相続に関する不動産コンサルティング等を行っています。

フミルバ空き家再生

千葉県 (船橋・習志野・市川・鎌ヶ谷・白井・印西・松戸・柏 近辺)を中心に空き家再生サービスを提供しています。空き家の管理から売却、活用、管理支援等を行っています。


ポイント

フミルバ不動産相続では初回の相談料は無料で承ります。

不動産相続に関する手続きや対策は多岐にわたり、税理士、弁護士、司法書士、行政書士、不動産鑑定士等の士業や不動産、保険、遺品整理など、それぞれバラバラに頼むと、手続も煩雑になってしまい、同じ説明も何度もする必要が出てきますが、フミルバ不動産相続にご相談頂ければ、窓口を1つに絞ることが出来ます。

相続の専門家チームで対応しますので安心してご相談頂けます。

フミルバ不動産相続では東京都・千葉県(船橋、鎌ケ谷、習志野、市川、松戸、柏 等)を中心に活動をしています。その他の地域も気軽にご相談ください。