田園住居地域を知っていますか?
田園住居地域は2018年4月より、新しく導入された住居系の用途地域です。

田園居住地域

そもそも用途地域とはなんでしょうか。
用途地域とは土地の用途の混在を防ぐことを目的として定められています。住居、商業、工業など市街地の大枠としての土地利用を定めるもので、住居地、商業地、工業地など13種類あります。

用途地域の種類

住居系(住居系にあたる区域は全部で8種類あり、基本的に工場は建てられません)
・第一種低層住居専用地域
・第二種低層住居専用地域
・第一種中層住居専用地域
・第二種中高住居専用地域
・第一種住居地域
・第二種住居地域
・田園住居地域
・準住居地域

商業系(近隣住民の日用品購入のための地域です)

・近隣商業地域
・商業地域

工業系 (どんな工場でも建てられるが学校や病院、ホテルなどは建てられない地域)

・準工業地域
・工業地域
・工業専用地域

家・土地の相続や購入を考えているなら用途地域は調べておくと良いと思います。

空き家の相談はこちら

千葉県(船橋・習志野・市川・鎌ヶ谷・白井・印西・松戸・柏 近辺)を中心に空き家再生サービスを提供する「フミルバ空き家再生」

不動産相続の相談はこちら

船橋・市川・鎌ヶ谷を中心に不動産相続に特化したサービスを提供しています。相続対策・相続手続き支援・遺産分割協議案の提案・相続に関する不動産コンサルティング等を行っています。

田園居住地域の制限

田園住居地域は農業そのものを守るための地域ではなく、都市部などの第1種低層住居専用地域や第2種低層住居専用地域の地域で、生産緑地などの農地が残っている場合に田園住居地域に指定される可能性が高いようです。

田園居住地域に指定された時は、すでに居住している人は建て替え時。これから住宅を建築する人は新築時にそれぞれ建築物に制限が加えられます。第1種低層住居専用地域と制限内容に差はあまり無いようです。しかし相続・購入をお考えの方は制限内容を確認しておくことをおすすめします。


フミルバ不動産相続

船橋・市川・鎌ヶ谷を中心に不動産相続に特化したサービスを提供しています。相続対策・相続手続き支援・遺産分割協議案の提案・相続に関する不動産コンサルティング等を行っています。

フミルバ空き家再生

船橋・市川・鎌ヶ谷を中心に空き家再生サービスを提供しています。空き家の管理から売却、活用、管理支援等を行っています。


フミルバ不動産相続では初回の相談料は無料で承ります。

不動産相続に関する手続きや対策は多岐にわたり、税理士、弁護士、司法書士、行政書士、不動産鑑定士等の士業や不動産、保険、遺品整理など、それぞれバラバラに頼むと、手続も煩雑になってしまい、同じ説明も何度もする必要が出てきますが、フミルバ不動産相続にご相談頂ければ、窓口を1つに絞ることが出来ます。

相続の専門家チームで対応しますので安心してご相談頂けます。段落

フミルバ不動産相続では船橋、鎌ケ谷、市川を中心に活動をしています。その他の地域も気軽にご相談ください。